• masahumi saino

バルマアディ 入荷

インド🇮🇳


バルマアディ農園の豆が入荷しました。



●生産国:インド

●生産者:バルマアディ農園

●クロップ:2015-2016

●木の品種:ケント

●精製方法:ナチュラル



こちらの農園はバイオダイナミック農法という最先端の農法を実践している農園です。


バイオダイナミック農法とは、「オ-ストリアのルドルフ・シュタイナ- (1861-1925) が提唱した有機農業で、ヨ-ロッパを中心に米国、インドなど世界各地で広まりつつある有機農業の最高峰ともいうべき農業。


通常の有機栽培と違い、自然の持つパワーまで取り入れたのが、バイオダイナミック有機栽培農法。


化学肥料や殺虫剤を使わない点では有機栽培も同じだが、異なるのは宇宙の力まで取り入れ、地球と植物のリズムを考えて栽培すること。シュタイナーが提唱した、まったく独自の農法。


バイオダイナミック有機栽培農法は、大地を育むことから始める。それは栄養を与えることではなく、大地そのものの生命力を高めるという考え方。


たとえば、粉末状にした水晶などの鉱物、カミツレ、ノコギリソウなどの植物、牛角糞などの動物由来のものを調合した、数種の堆肥を与える。


地球に存在する無機物と有機物を合体したものを与えることで、大地の感受性を豊かにするのである。天体や地球からの力を受けやすくなり、植物のパワーもさらに高まるという。」(アタカ通商ウェブサイトより)



なんだかすごそう。。シュタイナーといえば、思想家や教育者として有名な方ですが、農業にも名を残す人物だったのですね。

やはりエッジの効いた先鋭的な人物はジャンルを問いませんね。個人的には敬愛する福岡正信氏を思い出し、彼がコーヒー栽培をしたら、そんな豆を飲んでみたいと妄想しました。


さて、こちら2015-2016クロップですが、どんなお味でしょうか。楽しみです。

焙煎したらまた、ショップにも追加しますので、お楽しみに。

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは。 今日は取り扱いコーヒーお豆の紹介をします。 「エチオピア/ウェギダブルー」 産地近くを流れるウェギダ川という川にちなんで命名された豆です。 生産国:エチオピア 現在日本での流通量の多くを占めるアラビカ種のコーヒー豆、この種の原産地がエチオピアの周辺地域と言われています。 生産地域:イルガチャフェ エチオピアの産地の中でも特に特徴的な風味を持つことで人気の高いエリア。すっきりとしながら